日本の製造業が、グローバル市場で勝つために

昨今の新興国の急激な経済成長により、海外工場に求められる役割は、急激に本国レベルに近づいています。現地顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人権コストの上昇などが、経営課題としてクローズアップされてきました。かつての新興国工場では、Excelや紙、もしくは現地の会計パッケージなど、ある特定業務だけを対象とした非効率なシステムを複数使用していたかもしれません。しかし、新興国の成長により、品種の増大や現地調達の拡大などの対応を実現する経営管理システムがもとめられるようになってきました。


video 


海外進出を勝ち抜くための解説集
プレゼント

これから海外展開を考えている製造業企業 必見!各拠点の基礎固めに必要なステップと、その解説を掲載した資料を差し上げています。

こんなお悩みを持った企業にもオススメ!

 

  • お悩みポイント1
  • Excelが氾濫して収集がつかない!
    ほぼすべての業務にExcelを利用しています。はじめのうちは何とかなっていたのですが、ビジネスが成長し生産量が増えた今、ビジネスの全体を把握しようとすると混乱に陥ってしまいます。
  • お悩みポイント2
  • どこまで現地に任せればいいの?
    どこまで本社に報告すればいいの?

    現地のことは現地で決めてよいはずなのですが、どこからどこまでが「現地のこと」なのかが明確ではありません。本社から「なぜ相談しなかったのだ」と詰問されることも。
  • お悩みポイント3
  • 日本との文化の違いに困惑!!
    文化の問題は大きく、きちんと説明したにもかかわらず、納期の遅れや不良品の多発もざら。日本と同じ管理のやり方では業務を回すことができません

 

 

quote

【個人情報の取り扱いについて】
お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社の個人情報保護に関する方針に従い、必要な安全管理措置を行いお取り扱い致します。 インフォアジャパン株式会社の個人情報の取り扱いについてご確認いただき、同意の上、資料をダウンロードくださいますよう宜しくお願い致します。また、頂いた個人情報については、弊社マーケティングの情報提供の際に使用させていただきます。
■インフォアジャパン株式会社 個人情報の取り扱いに関するページURL:http://www.infor.jp/company/privacy/

Designed for Progress
© Copyright2017. Infor. All rights reserved.