ASEAN地域におけるビジネス拡大を支えるERP

太陽ケーブルテックは、可動用・機器用電線、および電線加工品の製造・販売を手掛けるFAケーブルメーカー。太陽ケ-ブルテック タイがASEAN諸国への生産・販売拠点としてタイのアユタヤに工場を構えたのは2009年のこと。ここでは、大がかりな基幹業務システムを導入せず、Excelを使って生産管理・販売管理を行ってきた。しかし、ビジネス規模の拡大とともにそのやり方には限界が見えてきた。

太陽ケーブルテックは、太陽ケ-ブルテック タイでのERP導入プロジェクトを立ち上げた。ツールの選定では、5つのERPパッケージを比較・検討。生産管理機能の豊富さやコストなどを評価し、2013年9月、インフォアの製造業向けERPパッケージInfor SyteLineの導入を決めた。

続きは是非事例をダウンロードしてご一読ください!


video 


ASEAN地域におけるビジネス拡大を支えるERPを導入
ダウンロード

タイ工場からスタートし、国内、タイ工場の連結会計やリアルタイムな経営情報の可視化を目指す成功事例!
是非ご一読ください!

成功のポイント

 

  • Excelからの脱却!
    「Excelを使った情報管理では、万一、受発注ミスなどの手違いや納期遅延のリスクが生じても原因を追跡するのが困難でした。調達から製造、販売、納品までにいたるプロセスを可視化するERPの導入が求められたのです。」
    太陽ケ-ブルテック
    管理本部 サブリーダー
    西宮 宏志氏
  • 強力な生産管理機能と、柔軟性、拡張性
    「Infor SyteLineは多彩な生産管理機能を備えているのが魅力です。他のパッケージは、生産管理機能が乏しく、会計システムの付属モジュールとして提供されている印象を受けました。われわれの定義したすべての要件を満たしたのはInfor SyteLineだけでした。」
    タイ法人 プレジデント
    杉山 温氏
  • リアルタイムな情報連携で、素早い納期回答を実現
    「在庫情報や原価情報などを個別のExcelシートで管理していたために生じていたデータの重複や不整合がなくなりました。」
    太陽ケ-ブルテック タイ
    セールス・コーディネーター
    Sineenart Muensook氏

 

 

quote

【個人情報の取り扱いについて】
お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社の個人情報保護に関する方針に従い、必要な安全管理措置を行いお取り扱い致します。 インフォアジャパン株式会社の個人情報の取り扱いについてご確認いただき、同意の上、資料をダウンロードくださいますよう宜しくお願い致します。また、頂いた個人情報については、弊社マーケティングの情報提供の際に使用させていただきます。
■インフォアジャパン株式会社 個人情報の取り扱いに関するページURL:http://www.infor.jp/company/privacy/

Designed for Progress
© Copyright2018. Infor. All rights reserved.