次世代育成支援行動計画

インフォアジャパン㈱では、次世代育成支援対策推進法に基づき、社員が「仕事」と「子育てや介護」等を両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のような雇用環境整備に関する行動計画を策定します。

1.計画期間 平成27年4月1日~平成30年3月31日までの3年間

2.内容 

 目標1:年次有給休暇の取得について周知し、取得を奨励する。有給休暇の一人当たりの年間平均取得日数を、当面年度ごとに20%アップを目標とする。また、「連続5日有給取得制度」を導入する。


<対策>

  • 平成24年6月 年次有給休暇の取得促進を社員に通知
  • 平成24年7月 平成23年~24年度の年次有給休暇の取得状況の把握
  • 平成24年7月 各部門管理職へ実態の報告と、計画的な取得についての
    検討会議の実施
  • 平成24年8月 各部門ごとに有給休暇取得予定表の掲示や、取得状況による取得促進のための取組の開始
  • 平成24年11月~ 年に2回、年次有給休暇の取得促進を社員へ周知する。前年の取得状況の把握と報告。「連続5日有給取得制度」の導入義務化に向けた検討会議を実施。 
  • 平成25年11月 「連続5日有給取得制度」の導入


 目標2:育児・介護による「看護休暇」の取得促進のため、新制度を導入しその概要を社員に周知する。

<対策>

  •  平成24年7月 取得手続き概要をまとめた案内文の作成
  •  平成24年7月  就業規則の変更
  •  平成24年8月 社員に新制度についての取得手続きの説明と周知

 目標3:子育てや両親の介護等、多様な問題を抱え得る社員の「職業生活」と「家庭生活」との両立を支援し柔軟に働ける雇用環境を整備する。全社員に対して「週に1回まで」の在宅勤務制度を導入する。

<対策>

  • 平成24年7月  制度について、検討会議を開始。実施まで定期的に開催。 
  • 平成24年10月 在宅勤務制度についての方針を決定。
  • 平成25年10月    在宅勤務制度導入に必要なインフラ設備を整える。(就業時間管 理のシステム、労災等保険関係、在宅勤務規定のドラフト作り等)
  • 平成26年2月  在宅勤務規定(就業規則)の制定。
     導入にあたって、社員と管理者に対して運用方法説明会の実施。 
  • 平成26年3月   全社員に向け、週1回の「在宅勤務」制度を導入→実施。
Specialized by industry.
Engineered for speed.
© Copyright2017. Infor. All rights reserved.