Symington’s社は、インフォアで非効率性を排除Infor@ New York - 03:50 AM on Mon, Mar 18, 2013

Share this:

ニューヨーク発:2013年2月20日-70,000社以上のお客様にビジネスアプリケーションソフトウェアを提供する先進的プロバイダーであるインフォアは本日、先進的な食品メーカーであるSymington社が、Infor Supply Chain Execution (SCE)を使って、当初の予定よりも早く、非常に高いROIを実現したことを発表いたしました。同アプリケーションは、急速に成長する同社のビジネスの増量に対処することに貢献しました。また、同社がより迅速に顧客をサポートし、より効率的にビジネスプロセスを運用し、顧客サービスレベルを大幅に向上することにも役立っています。

新たな利点

  • Symington’s社は、Ainsley Harriottや Aunt Bessie's、Chicken Tonight 、 Raguなどのブランドを持つ、英国の先進的な食品メーカーのひとつです。同社は、Infor SCEを使って、完全なROIを達成しました。
  • Infor SCE は、Symington's 社のオペレーションの可視性の障害となっていた数多くの分散したシステムをリプレースしました。これには、入荷商品、原材料、最終商品、倉庫運用などを管理する個別のシステムが含まれています。
  • 新たにインフォアのアプリケーションを導入したことで、倉庫の効率性が高まり、輸送コストを削減し、年次の実地棚卸も改善され、在庫を減らし、ITを小規模化し、その上で、予定されていたスケジュールよりも早く完全にROIを達成することができました。
  • らに、同アプリケーションのおかげで、Symington's社は、増員なしでスループットを30%アップさせることに成功しました。
  • Symington's が早期にROIを達成できたのは、Infor SCE アプリケーションの標準機能が、彼らの要件に完全にマッチしていたため、カスタマイズなしで導入できたからです。
  • Infor SCE は、出荷通知とその購買オーダーをリンクすることによって、同社が取り扱う商品の可視性が高まりました。特に、事前出荷通知書(ASN)の利用とパレットラベルのシングルスキャン入荷によって、商品の入荷プロセスが改善され、サービスレベルが飛躍的に向上しました。
  • Symington's社は、最初のプロジェクトはインフォアと共同で導入しましたが、他の3つの倉庫については、社内リソースだけを使って本稼働することができました。
  • インフォアは、3社の候補から選ばれました。選定基準は、Infor SCEが使いやすく、有効期限管理機能とレポート機能が優れていたからです。

Symington's社のコメント
Symington's社、IT所長のHoward Dearling氏は、次のように説明しています。「RaguやChicken Tonightといったブランドを新たに買収したことで、スループットが30%も増加しました。これらの特定ブランドは、すでに包装された状態でサードパーティのメーカーから届くため、中身をスキャンし、出荷の準備をいかに効率良くできるかが非常に重要でした。この効率化と最適化は、私たちのビジネスがかなりのスピードで成長していくに従って、さらにクリティカルな問題となってきました、Infor SCEへの投資は、私たちが業界のベストプラクティスをベースに、常にベストな顧客サービスを提供する上で欠かせないものです。」

Inforのコメント
Infor EMEA、サプライチェーン担当副社長のPieter Leijtenは、次のように述べています。「Symington's社は、英国で非常に有名な数多くのブランド商品を取り扱っています。つまり、同社はAunt Bessie's や Raguといったブランド商品が常に購入できるように保証せねばならず、それは言い換えれば、出来るだけベストな倉庫管理が必要だということになります。ビジネスが成長し始めると、多くの場合は、単純に増員することを考えがちですが、しかしSymington's社は、よりスマートなプロセスとインテリジェントなテクノロジーを使えば、人員を大幅に増やさなくても、急速なビジネスの成長に伴う相当の増量に対処できることを証明してくれました。さらに、今回の導入でわかったことは、インフォアのソフトウェア戦略である業界に特化するということがうまくいったということです。Infor SCEは、インフォアが食品・飲料業界で蓄えてきた、豊富な業界専門知識の上に構築されているので、Symington's社はカスタマイズする必要性がありませんでした。標準機能を使えるということは、迅速な導入と早期のROI実現につながるということです。」

Share this:
Return to top of page.
Designed for Progress
© Copyright 2017. Infor. All rights reserved.