自動車メーカー・フォードの欧州子会社が、 ヨーロッパ全域にクラウド版Infor SCEを導入インフォアジャパン株式会社 - 01:00 午後 on 月, 1 23, 2017

Share this:
Auto-manuf_body_NewsFeed_614x261

~インフォアの倉庫管理システムで倉庫内のクロスドッキング作業を最適化し、サービスプロバイダーとの連携改善を目指す~

デザイン性の高い業界特化型ビジネスアプリケーションをクラウド上で展開する米インフォアは、米自動車メーカーの Ford社が、インフォアのサプライチェーン実行管理ソリューションInfor SCEを、欧州の子会社Ford-Werke GmbH社を通じてヨーロッパ7か国で導入したことを発表します。

Infor SCEは、倉庫管理から輸送管理、労務管理、3PL請求処理まで、サプライチェーンの実行管理に必要なシステムを統合したソリューションです。クラウドベースのこのソリューションにより、Ford社は欧州10か所のクロスドッキングセンターでの商品の移送プロセスを自動化し、作業員やリソースを効率化できます。オンプレミスではなくクラウドを選択したため、同社のパートナー企業もセキュアかつ快適にシステムにアクセスすることができます。

Ford社は、ドイツ、イタリア、フランス、スペイン、チェコ共和国、ハンガリー、英国にクロスドッキングセンターを所有しています。フランスのケルンやドイツのザールルイなどの倉庫では、同社の生産供給の一貫性を確保するため現地のロジスティクスサービスプロバイダーが日々配送サービスを提供し、1日半の間に何百台ものトラックが出入りしています。同社では、最終組み立て工程に部品がジャストインタイムに手配されるように、倉庫内の各ワークフローを完璧に連携しなければなりません。部品は、生産ライン内を循環する「マーケットプレイス」と呼ばれる場所に、バッファー在庫として半日以上置かれることはなく、ジャスト・イン・シーケンスで組み立てられます。

Infor SCEの導入によって、クロスドッキングセンターのプロセスは完全にデジタル化されます。Infor SCEは、配送に関するスケジュールや数量を含む予測情報を事前出荷明細通知として受け取ります。出荷元は、荷卸し地点とそれぞれの時間枠について通知を受け取ります。入庫時点ですべての納品書がスキャンされ、配送計画に従ってクロスドッキングプロセスを経由して受け入れられます。最終組立の場所が異なる大量の部品が配送された場合は、出荷準備のためにいくつかの仮置き場所に分けられます。

また、破損したパレットや取扱ユニットがあった場合には、Infor SCEの返品プロセスへデジタル報告処理されます。破損品の苦情解決には、入庫時に写真を撮影してサプライヤへ送る必要がありますが、これについてもデジタルワークフローで処理し、次の直送を始めることができます。

このように配送センターで一貫してスキャニング処理することによって、大部分は仮置きしなくてすむようになり、部品処理のスピードと精度が高まります。仮置き場所にある出荷指示待ちの部品は、スキャナーで積み荷処理が行われ、積み荷場所から電子的に取扱業者に割り当てられます。Infor SCEは、出荷指示通知を受けると、最終組立工場に入庫予定の荷物について通知します。

このようにInfor SCEは、プロセス全体を最適化するだけでなく、サプライチェーンの可視性も高めます。Ford社は、オーダー履行の状況をリアルタイムに追跡し、供給のボトルネックとなる可能性をプロアクティブに発見し、対処できます。

また、サービスプロバイダーにとっても、作業員をより効率的に配置するうえで役立ちます。プロセスが標準化されているため、新規プロバイダーの従業員でもすばやくシステムに慣れることができます。Infor SCEが、すべてのクロスドッキングセンターで利用されることになれば、Ford社はすべてのロケーションにわたってプロセスやKPIを評価、モニタリング、ベンチマーク、最適化することが可能になります。

インフォア DACH地域担当 サプライチェーンマネジメントディレクターのマイケル・ワイデル(Michael Weidel)は、次のように述べています。
「自動車業界は、変化の時にあります。未来の電子モビリティの世界で製品開発するためには、今こそ現在の車両モデルの利鞘を最適化する必要があります。また、サプライチェーンの効率性と整合性をさらに高めるためには、自動車メーカーのサプライヤやロジスティクスサービスプロバイダーを、ネットワークに効率的に統合することが不可欠です。Infor SCEのようなクラウドアプリケーションなら、このコラボレーションを実現できます。Ford社は、まもなくヨーロッパ全土にあるクロスドッキングセンターのプロセスをさらに効率化し、コスト効果と透明性を高めることになるでしょう。」

※当リリースは2017年1月11日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
http://www.infor.com/company/news/pressroom/pressreleases/ford-werke-gmbh-infor-sce/

 

■インフォアジャパンのソーシャルメディア:

 

■インフォア、インフォアジャパンについて:
インフォアは、業界特化型のビジネスアプリケーションをクラウドで提供しています。15,000人を超える社員が、200か所以上の地域で90,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは www.infor.jpをご覧ください。

【報道機関のお問い合わせ先】

インフォアジャパン株式会社
インフォアジャパン株式会社 広報担当:福嶋
TEL:03-4520-0700 
E-Mail:japaninfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、高野、福澤 TEL:03-5771-6426
E-mail: Inforjapan-pr@actioinc.jp

 

 

 

Share this:
Return to top of page.
Designed for Progress
© Copyright2017. Infor. All rights reserved.