中東の教育、出版、紙・包装材サービスを展開するObeikan Investment GroupがインフォアのERPおよびサプライチェーンソリューションを採用インフォアジャパン株式会社 - 05:00 午後 on 月, 4 09, 2018

Share this:
food-package-NewsFeed_614x261px
デジタルトランスフォーメーションでビジネスの俊敏性を加速

業界特化型ビジネスアプリケーションをクラウド上で展開する米インフォアは、サウジアラビアから中東を中心に教育や出版、紙・包装材の製造やサービスを展開するObeikan Investment Group (以下、OIG)が、ビジネス全体の効率性と生産性を大幅改善するために、インフォアの業界特化型のERPおよびサプライチェーンソリューションを採用したことを発表します。今回採用されたのは、インフォアの大規模製造業向けERPソリューション「Infor LN」、サプライヤ関係管理(SRM)ソリューションである「Infor Supplier Exchange」、サプライチェーン計画管理ソリューション「Infor Supply Chain Planning」、GRC(ガバナンスおよびリスクとコンプライアンス)の統制要件に対応する「Infor Risk & Compliance」、インテリジェントで接続性の高いプラットフォームを実現するオペレーション基盤である「Infor OS(旧Infor Xi)」です。OIG は、業界特化型ソリューションを提供するインフォアと協力して、デジタルトランスフォーメーションの展開を進めています。

OIGは、サウジアラビアをベースに中東、アフリカ、トルコに事業展開し、教育、出版、印刷・包装材を中心としたサービスを提供しています。OIGは、サプライヤとの購買活動、業績管理、請求情報における双方向でのコラボレーションを効率化できる最先端のソリューションを求めていました。

同グループは、すでにInfor LNの稼働を開始し、業務の効率性と生産性の向上、ビジネスプロセスのシームレスな可視化、ベストプラクティスの推進と多様なコミュニケーションチャネルの円滑化などの成果をあげています。Infor LNは、同グループの主要な市場におけるサプライチェーン全体で、業務プロセスの精度向上と可視化を実現しています。

Obeikan Investment Group、グループ最高経営責任者のAbdullah Obeikan氏は、次のように述べています。
「主要な業務をまたがってデータを統合し、各市場での業務の卓越性の向上と広範囲な顧客へのサービスを高められるソリューションを探していました。その点で、インフォアは、最先端の企業向けエコシステムを通して、サービスデリバリやサプライチェーンにポジティブな成果をもたらしてくれました。インフォアと提携できたことを大変うれしく思っています。」

米国インフォア、インド・中東・アフリカ担当(IMEA)担当バイス・プレジデント兼ジェネラルマネージャーのタリク・タマン(Tarik Taman)は、次のように述べています。
「中東では、業績の徹底した改善や市場の拡大、サプライチェーンのコントロールを実現するためのデジタルトランスフォーメーションの推進において、ERPの導入が欠かせません。OIGのERPの導入は、インフォアだけでなく、我々のパートナーにとっても意義を持ちます。これをきっかけにOIGは、サプライチェーンを変革し、各市場のあらゆる業務に対してスピーディかつ正確な意思決定ができるようになり、卓越したカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになるでしょう。」

OIGは、今年中には、Infor Supplier ExchangeおよびSupply Chain Planningの利用も開始する予定です。

Infor Supplier Exchangeの主なメリットは、変化し続ける顧客要件に迅速に対応し、業務の効率性を高め、OIGのエコシステム全体にわたってサプライチェーンコストを低減させることです。入荷や入庫の大幅な可視化、発送からオンサイトでの受け入れまでのトラッキングの実現も、導入効果として期待されています。

Infor Supply Chain Planning は、OIGのサプライチェーンがどのように動き、どのような継続的改善が見込めるかについて評価するためのリアルタイムな情報を提供します。将来的には、特定の市場に対するルールにもとづいて、余剰在庫をネットワーク内の他の地域へ再配分することが可能になります。これにより、流通ネットワーク上に余剰在庫があるときに、サプライヤへ発注し過ぎることを防げます。

Obeikan Investment Group (OIG)について
Obeikan Investment Groupは、サウジアラビアを中心に中東・北アフリカ地域における、教育や出版、紙・包装材のソリューションを提供する先進的なプロバイダーです。OIGは、顧客およびパートナーにとっての価値を創造するカスタマイズしたソリューションを提供しています。さらに詳しくは、http://www.obeikan.com.sa をご覧ください。

※当リリースは2018年3月21日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
https://www.infor.com/company/news/pressroom/pressreleases/obeikan-infor-erp-supply-chain-planning/

■インフォアジャパンのソーシャルメディア:

インフォアは、業界特化型のビジネスアプリケーションをクラウドで提供しています。16,000人を超える社員が、170か所以上の地域で90,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは www.infor.jpをご覧ください。


【報道機関のお問い合わせ先】

インフォアジャパン株式会社 広報担当:中瀬、鳥羽
E-Mail:Infor.JapanInfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、高野、福澤 TEL:03-5771-6426
E-mail: Inforjapan-pr@actioinc.jp

 

Share this:
Return to top of page.
Designed for Progress
© Copyright2018. Infor. All rights reserved.
???jp.is.invite???
???jp.is.chatbutton???
???jp.is.decline???