Infor Enterprise Financial Management

Infor Enterprise Financial Management

Infor EFM(企業会計管理)

インフォアの会計管理ソリューションは、高度な会計管理システムを必要とするような成長企業、関連会社が複数サイトにわたる大企業や様々なビジネス形態の企業が、刻々と変化するビジネスを動かしている全てのパーツをリアルタイムに可視化し、会計情報を利益につながるアクションに変えます。

Infor SunSystems(会計管理)カタログ

利点

_0007_2-innovation
専門性の高いツール

Infor Enterprise Financial Management ソリューションは、世界中で25,000社以上のお客様に利用されています。

包括的な本ソリューションは、次の点を実現します:

  • システムや情報にいつでも、どこからでもアクセスできます
  • 意思決定をスピード化し、お客様がどこにいてもワークフローでアラートを通知することによって、エラーをなくします。
  • ソーシャルビジネスのテクノロジーを使って、コミュニケーションを監査可能にし、コラボレーションを例外ではなく、ルール化します。
  • 世界中のどこでビジネスを展開しようとしていても、お客様の成長戦略を効果的にサポートしますコストを統制します
  • 不正やリスクを自動モニタリングし、1回の監査にかかる何百時間という時間を短縮します
corp-PD_5
お客様の業界に特化した機能

お客様の組織にとって、新規市場の獲得、買収、新製品等のどれが成長を意味するとしても、そのために大幅な労力や時間をかけて、変化のスピードに合わせようとするのではなく、会計管理を標準化し、勘定科目表を迅速かつ簡潔に変更することで、お金をかけずに組織固有の要件に対応することができます。

  • 国際的な専門知識を内蔵:グローバル化を目指して成長するなら、多言語、多通貨処理といった基本要件をカバーするだけで十分です。しかしインフォアは、それだけでなく、四次元多通貨処理やパラレル元帳等のグローバル会計に不可欠な全ての要件に対応しています。
  • 全ての要件をひとつのソリューションで満たす:あらゆるサイトや国、部門、会社、支店の業務を、ひとつソリューションで管理し、その上で個々の特別な要件にも柔軟に対応することで、システム管理を簡素化し、プロセスを合理化し、ビジネスの複雑性を解消します。
  • 一貫した監査可能な環境を提供:予めソリューションに組み込まれた監査証跡、アラート機能、高度なデータ調整機能によって、各国/地域の法規制、監査、国際会計基準(IFRS)や他の規制要件に準拠します。複数の国における会計報告書要件に同時に対処できることで、決算処理を短期間で完了することができます。
corp-PD_4
最新鋭のソリューション

会計管理業界のエキスパートの設計を元に構築されたソリューションであるInfor EFMは、 同業界のバリューチェーンのあらゆるレベルからに要件を導き出して統合された業界特化型のソリューションです。また、美しいユーザーインターフェイスとエンタープライズ規模のコラボレーションフレームワークを装備した最新鋭のソリューションに、プロセスフロー全体にパーベイシブなアナリティクスを予め組み込んています。

テクノロジー基盤

Infor OSは、完全統合された業界特化型ソリューションスイートの基盤となり、モバイル重視、消費者レベルのユーザーエクスペリエンス、科学的分析を搭載した次世代テクノロジープラットフォームです。情報の収束、アナリティクス、クラウドコンピューティング、モビリティ、ソーシャルビジネスを活用することで、かつてないほどの快適さでシステムやユーザー同士でやり取りすることができます。

詳しくはこちら ›

Infor EFMを構成する主なモジュールと関連製品

 

  • Infor SunSystems :Infor SunSystems は、190か国以上で9,000社以上に導入実績のある会計管理、購買管理、在庫管理、受注管理の統合ソリューションです。
    Infor SunSystemsは、高度な会計管理システムを必要とするような成長企業、関連会社が複数サイトにわたる大企業や様々なビジネス形態の企業が、刻々と変化するビジネスを動かしている全てのパーツをリアルタイムに可視化し、会計情報を利益につながるアクションに変えます。
  • Infor Expense Management:出張旅費管理を簡素化し、経費精算レポートの処理にかかるコストを最大80%削減します。クラウドでもオンプレミスでも利用できます。
  • 設備資産管理: Infor Enterprise Asset Management (企業設備資産管理)は、インフォアのEAMは、企業の保有する資産(アセット)つまり、プラント設備や機械装置、建物、その他設備機器を全社で統合管理し、資産の取得から稼働、保全、廃棄にいたるまでのライフサイクル全体にわたって、情報を一元管理し、予防保全、予知保全を実施することで、予期せぬダウンタイムがおこらないように稼働率を最大限に高め、さらには環境や安全性についてのコンプライアンス規制にも対応できるように支援するためのソリューションです。
  • 企業業績管理:Enterprise Performance Management(企業業績管理)は、高レベルの計画目標設定やビジネスドライバーベースの詳細な業務計画や財務計画の立案をはじめ、計画した目標を達成するために必要な予算・予測情報の収集・管理といったさまざまな業務のスピード化を促進します。予算策定のさらなる効率化―予算策定プロセスを文書化し、組織横断でシステムユーザーを教育したり、予算の提出・承認情況をいつでもどこからでも全社規模でモニタリングできるようにしたり、予算策定ルールや期限の厳守を促進したりといったことが可能になります。さらに集中型のコミュニケーション・ポータルやワークフローガイド機能、電子的な予算提出や承認プロセス、例外事項発生時の自動アラート機能をはじめとする多彩なツールを内蔵し、予算策定プロセスを完全にコントロールします。計画立案のさらなる効率化―業務のスピーディなモデル化と複数のシナリオ検証を容易に可能とし、全社的な業績目標達成につながる現実な財務計画および業務計画の立案をサポートします。またビジネスドライバーベースのモデリングがビジネスの成功要因やそうした成功要因を成立させるための主な条件を明確にするとともに、これらの情報を基にした詳細な計画立案や業績向上のためのロードマップ作成までも可能にしてくれます。What- ifシナリオの検証―社内の業務を総合的にモデル化し、what- ifシナリオをリアルタイムで実行して計画立案を支援します。ビジネスの前提条件を変更した場合もソフトウェアが自動的にモデル全体を再計算してくれますので、担当者は煩雑な計算から解放され、実際の計画立案に集中することができます。このソリューションを使えば、特定の計算や配賦、段階的な処理、また市場要素や季節性などをモデル化してシステム内に組み込むことができます。正確な予測によって現実的な業績予測を確立し、目標達成のための軌道修正することが可能です。
  • ビジネスインテリジェンス:概要Infor BIがあれば、適正な情報を、適切な個人に、適切な時に提供し、全社の意思決定者が新規ビジネスチャンスを発掘し、より情報に基づく意思決定ができるようになります。Infor BIは、包括的な統合ビジネスインテリジェンスのプラットフォームであり、会計、業務レポートや分析、ダッシュボード、計画、予算編成、役割ベースの分析、データマイニング、連結が可能です。Infor BIは、アプリケーションとあらゆるデータソースを統合し、Infor IONの要となっています。Infor BI と他のInfor IONアプリケーションを同時に、あるいは単独で利用することも可能です。
  • ガバナンス、リスクとコンプライアンス:Infor Approva Continuous Monitoring は、再現可能で信頼性の高い業務プロセスを実現することで、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)における統制要件を満たします。複数の異なるビジネス環境にわたって、全体的なデータビューを使って、コンプライアンス違反やセキュリティ違反、統制違反のリスクを最小限に抑えます。
  • 銀行・請求:Core Banking and Billing ソリューションは次の点を実現します:
    ・完全な請求システム:他に類のない柔軟性で、今日のグローバルな金融期間の請求機会を支援し、成長をサポートします。
    ・預金および時間投資:今日の複雑な預金管理環境に対処できるようになり、情報の活用と、製品の柔軟性、オペレーションの卓越性を組み合わせることによって、預金を増やし、売上を増やし、収益性を最適化します。
    ・顧客管理:統合顧客ビューを提供し、顧客との関係に関する360度のビューを手に入れることができます。
    ・財務管理と会計管理:一般会計と予算編成、カスタマイズされたレポート作成機能を組み合わせることで、最高のパフォーマンスを実現します。
    ・トランザクション処理:オペレーションを合理化し、すべてのトランザクションをキャプチャし、調整、配信、レポート作成、並び替えて整理することで、コストを削減します。
    ・回収とリカバリ:顧客の回収状況を追跡管理します。 
    ・Infor ION とウェブインターフェイス:役割に応じたウェブ画面を使って、精度と生産性を改善します。

お客様とともに成長するソフトウェア

Infor SunSystemsの 統合元帳統合元帳は、迅速かつ優れた意思決定をサポートします。プロアクティブなアラート機能を使って、潜在的な問題に迅速に対処し、コアのレポートデータを補足し、意思決定を支援する分析とBI情報を元に、実行性のあるインサイトを手に入れられます。また、発生源のトランザクションにドリルダウンし、検索結果からダイレクトにアクションを起こす事が出来ます。

また、組織のあらゆるレベルで既存システムと簡単に統合できる上に、法定/管理帳票の要件に合わせて柔軟に設定変更可能です。データを必要とするあらゆる場所(デスクトップやモバイル機器)に、意思決定を支援する役割ベースの情報を配信します。複雑な組織編成や2層ERP戦略にも対応し、IT部門への負担を減らしつつ、TCOを低減します。

さらに、各国・地域の報告書要件に合わせたローカライズ機能を提供し、各国の複雑な会計管理要件業務上の課題に対処します。また、お客様の成長戦略に合わせて、柔軟な実装オプションから選択できます。組織の規模や構造、規制に合わせてベストプラクティスを調整し、グローバルに導入できます。また、市場の変化に合わせて、導入後も簡単にプロセスを変更することが可能です。

インフォアのd/EPMソリューションは、刻々と変わり続ける現場の状況反映したインサイトとリアルタイムな情報で先行措置を意思決定できるように支援します。

単なる情報を、次にどんな手を打つべきかの指標となるインサイトに変換し、詳細なレベルでのパフォーマンス分析とユーザーが必要とするコンテキストを提供するビジネスインテリジェンス機能を活用して、データを競争力に変えることができます。

また、計画策定、予算編成、予測などの業務をひとつのシステムに統合することで、予測モデルの質が向上するだけでなく、業務計画やワークフォースの予算、売上見込みをすばやく確認できるようになります。戦略的計画を組み込み、実際のパフォーマンスと比較しながら常に状況をモニタリングします。さらにデータを連結することで、全社の完全な財務報告書を作成することも可能です。

さらに、外部監査プロセスを整流化し、コンプライアンスにかかるコストを削減します。複数のビジネス環境でやり取りされているデータやユーザーアクセスを継続的かつ自動的にモニタリングし、総体的なビューで確認することができます。このように可視化とデータアクセスを簡素化することで、コンプライアンス違反やセキュリティ違反のリスクを最小化し、監査準備に必要な膨大な作業を節約することができます。

業務プロセスやポリシー、コントロールの徹底や文書化のために、企業は何百万ドルものコストを費やしていますが、こうしたプロセスやポリシーの順守状況を、ほとんどの場合、視覚的に把握できていません。コスト効率的な方法で、監視・テストできない事が原因です。

Infor Approva Continuous Monitoring は、再現可能で信頼性の高い業務プロセスを実現することで、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)における統制要件を満たします。複数の異なるビジネス環境にわたって、全体的なデータビューを使って、コンプライアンス違反やセキュリティ違反、統制違反のリスクを最小限に抑えます。

Infor Approva CMは、リスクと統制を、検知・定義・監視します。また、自動的にテストすることで、結果と傾向を追管理跡し、例外と違反を報告して、調査や対処を可能にするために、以下の機能を提供します:

  • 主要なリスク指標(KRI)と業績指標(KPI)、ダッシュボード機能とレポート作成: KRIとKPIを追跡管理し、ユーザーの役割やニーズに合わせてカスタマイズ可能なダッシュボードとレポートで、管理レポートを自動作成します。また、例外の財務的な影響とリスクをすばやく把握するためにリスクをスコア化し、優先順位をつけてフォローアップします。
  • リスクの特定と管理: データとトランザクションを網羅的に検査し、例外を自動検知します。また、問題に即座に対処できるようにアラートを通知します。例外管理の担当者を割り当て、担当者間はメールで連絡を取りながら対処できます。さらにダッシュボードとレポートを使って、進捗状況を追跡管理し、フォローアップすることが可能です。
  • 監査向けの詳細レポート: アクセスに関するレビュープロセス、基幹業務システムへのアクセス権の付与状況、アクセス承認の監査証跡等の情報を記載した、詳細な監査報告書を提供し、外部監査を整流化します。また、ドリルダウンで関連情報を表示し、例外の根本的な発生原因をすばやく特定します。
  • ベストプラクティスのビジネスルール: 予め定義されたルールを使って、財務プロセスをすばやく評価できます。財務管理者は、使いやすいグラフィカルな画面を使って、独自のビジネスニーズに合ったルールを作成・更新できます。
  • 予め定義された統合用アダプターとツール: Infor、SAP、Oracle、PeopleSoftアプリケーションを監視します。

CFO(財務最高責任者)にとって、コスト管理ほど重要な課題はありません。不安定な経済状況下では、利鞘が減り、オペレーションもリーン化されます。収益性を改善するためには、あらゆる手段を追い求めるべきです。隠れたコストを見つける、プロセスを合理化する、あるいは資産価値を最適化するなど、インフォアのソリューションがあれば、目標を達成するための戦略的な武器となります。時間のかかる手作業プロセスは過去の事であり、テクノロジーによって、単に組織をコントロールするのではなく、強力に支援し、コストを削減し、利益を増やすように組織を運営できるようになります。

次のような点を実現します:

  • 最大のコストセンターのひとつであり、隠れたコストが多く、削減の余地がある出張・接待費を管理します
  • 設備資産のアップタイムと収益性を最適化します
  • ベンダー委託在庫を移動することで、コストを削減し、複雑さを緩和します

革新的な銀行サービスを始めたいと思っていても、リスクは最小限に抑えたい・・・また、顧客サービスも大幅に改善したいという要件もある。そんなお客様には、次のような銀行・請求ソリューションが必要です:

  • 最大限に広い範囲の会計システムに簡単に接続できること
  • 既存システムの価値を活かして、拡張できること
  • 必要な機能を必要に応じて追加できること
  • 帳簿をタイムリーかつ正確に管理できること

インフォアのソリューションは、次の点を実現します:

  • 完全な請求システム—他に類のない柔軟性で、今日のグローバルな金融期間の請求機会を支援し、成長をサポートします。
  • 預金および時間投資—今日の複雑な預金管理環境に対処できるようになり、情報の活用と、製品の柔軟性、オペレーションの卓越性を組み合わせることによって、預金を増やし、売上を増やし、収益性を最適化します。
  • 顧客管理—統合顧客ビューを提供し、顧客との関係に関する360度のビューを手に入れることができます。
  • 財務管理と会計管理—一般会計と予算編成、カスタマイズされたレポート作成機能を組み合わせることで、最高のパフォーマンスを実現します。
  • トランザクション処理—オペレーションを合理化し、すべてのトランザクションをキャプチャし、調整、配信、レポート作成、並び替えて整理することで、コストを削減します。
  • 回収とリカバリ—顧客の回収状況を、インフォアの小規模機関向けソリューションであるIntellectを使って追跡管理、または大規模機関向けのソリューションであるCollection Managementを使うことも可能です。 また、インフォアの小規模機関向けソリューションであるCORSを使って、損失を収益へ変えたり、あるいは、大規模機関向けソリューションであるRecovery Managementを利用することも可能です。
  • Infor ION とウェブインターフェイス—役割に応じたウェブ画面を使って、精度と生産性を改善します。

お気軽にお問い合わせください。

お客様の課題についてお伺いし
インフォアのコンサルタントが
お客様に最適なソリューションをご提案します。