Infor Supply Chain Management (SCM)

Infor SCM(サプライチェーンマネジメント)

インフォアのサプライチェーンマネジメントソリューションは、社内だけでなく、顧客やサプライヤ、パートナーといった社外の関係者にまで拡大し、複雑化するサプライチェーンのもつれを解消し、リアルタイムな情報をシェアすることで、市場ニーズや制約への対応力を高めます。倉庫管理や需要計画、生産計画、輸送管理といった個別のアプリケーションを、貴社のニーズに合わせて提供します。サプライチェーンを可視化することで、リソースや人員の使用率を最適化し、在庫管理および出荷の正確性を改善し、常に注文品を正確に配達し、顧客の販売機会を逃さず、市場の変動にすばやく対応できるようになります。またインフォアのサプライチェーンマネジメントソリューションは、食品飲料や消費財、化学、流通・卸、ロジスティクス、自動車などの業界に特化した機能をあらかじめ標準機能として用意していますので、導入期間を大幅に短縮することが可能です。

Infor Supply Chain Execution カタログ

利点

_0007_2-innovation
専門性の高いツール

Infor SCM のお客様は、次のような成果を達成しています:

  • 総利益が20% 向上
  • 顧客維持率が20% 向上
  • 在庫を15% 削減
  • 完全オーダー率が17% 向上
  • 現金回収までのサイクルタイムが35% 短縮
  • 売上が10% 増加20%

Infor SCM ソリューションは、次の点でお客様を支援します:

  • 利益を最大化—サプライチェーンの意思決定をリアルタイムに実行すれば利益にインパクトを与えられます。
  • 最適化—予測から計画、スケジューリング、実行に至るまで、エントツーエンドに最適化します。
  • 分析—お客様のサプライチェーンや生産オプション、関連する制約を分析し、お客様の設備施設を最大限に活かせる計画を選択します。
  • コミュニケーション—コミュニケーション—インターネットやソーシャルネットワークのパワーを借りて、より効果的に顧客、パートナー、サプライヤとコラボレーションします。
  • 設計—最適なサプライチェーンネットワークを構築し、お客様のビジネスの変化に合わせて適応できるようにします。
corp-PD_5
お客様の業界に特化した機能

Infor SCM は、次のような幅広い業界に特化した機能を提供します:

  • 食品・飲料:予測から生産、顧客への配送に至るサプライチェーン全体を最適化し、利益を大幅に改善します。例えば、タンクやオーブン、冷蔵庫などの量的な制約を考慮して、スループットを最大化し、生産性を改善し、無駄をなくします。
  • 消費財:需要と供給の適正な均衡を図り、倉庫の在庫を最適化し、入出庫フローのコントロールを高め、変化に迅速に対応できるように備えます。
  • 化学・製薬:入札審査やPAR(承認後追跡調査)に自信を持って、迅速に対処できるようにします。サプライチェーンコストをコントロールし、生産所要量を最適化します。副産物や連産品を効率的に計画し、最低コストの配合を決定します。
  • 流通:顧客やサプライヤとのコラボレーションをさらに高め、サプライチェーンの複雑性に対処することで、よりハイレベルなサービスを提供し、より少ない在庫で、サプライチェーンコストを低減します。
  • ロジスティクスプロバイダー:完全オーダーをより多く達成するために必要な意思決定を迅速に実行し、カスタマーサービスレベルを高めます。
  • ハイテク・電気・電子:サプライチェーンをグローバルに最適化し、変化に迅速に対処し、サプライチェーン全体のコラボレーションを改善します。
  • 自動車:業務コストを削減し、効率性を高め、サプライチェーン上のパートナーとのやり取りにコラボレーション機能を利用し、明確で信頼できるリアルタイムな情報をサプライヤに提供します。
corp-PD_4
最新鋭のソリューション

サプライチェーンマネジメント業界のエキスパートの設計を元に構築されたソリューションであるInfor SCMは、 サプライチェーンマネジメントのあらゆるレベルからに要件を導き出して統合された業界特化型のソリューションです。また、美しいユーザーインターフェイスとエンタープライズ規模のコラボレーションフレームワークを装備した最新鋭のソリューションに、プロセスフロー全体にパーベイシブなアナリティクスを予め組み込んています。

テクノロジー基盤

Infor OSは、完全統合された業界特化型ソリューションスイートの基盤となり、モバイル重視、消費者レベルのユーザーエクスペリエンス、科学的分析を搭載した次世代テクノロジープラットフォームです。情報の収束、アナリティクス、クラウドコンピューティング、モビリティ、ソーシャルビジネスを活用することで、かつてないほどの快適さでシステムやユーザー同士でやり取りすることができます。

詳しくはこちら ›

お客様とともに成長するソフトウェア

Infor Sales & Operations Planningには、インフォアが25年以上にわたって培ってきたサプライチェーン マネジメントの経験が凝縮されています。業界に精通した専門家たちが作った実績のあるソリューションで、約束通りの成果が手に入ることを確信していただけます。

Sales & Operations Planningは、予測から実需要、在庫、生産、サプライヤ計画に至るまで、サプライチェーン全体にわたって、需要と供給のあらゆる側面を可視化し、洞察を提供します。

Sales & Operations Planning(S&OP)があれば、収益性良く需要と供給のバランスを取り、経営目標と整合・調整された業務計画を策定するため、意思決定者たちのコンセンサスを得ることができます。S&OPは、需要と供給をバランスさせるための総合的なフレームワークを提供し、主要財務評価指標を使って業務計画と戦略的計画を整合・調整し、可能な限りベストな業績を達成できるように支援します。需要と供給の両方で、様々なWhat-if シナリオを活用することで、顧客サービスを満たし、財務目標を達成し、変化し続ける需要にすばやく対処するための最善策を見いだします。そして、S&OPプロセスが、ビジネス全体を通してしっかりと実行されるように徹底します。

また、S&OPは、製造業や流通業向けに設計されており、従来型のERPシステムやサプライチェーン プランニング システムと容易に連携することが可能です。

Infor Sales & Operations Planning は、次の点を実現します:

  • 需要と供給のバランス: 製品や顧客、地域、販売チャネルなど、任意のグループで計画を作成し、需要計画を満たせることを確認します。また、数量や販売価格、原価で計画して、ビジネスに及ぼす影響を知ることができます。
  • “What if” シミュレーション: 様々な需要と供給のプロフィールでシミュレーションを実行し、戦略的/業務的/戦術的なイベントが及ぼす財務インパクトを確認しながら、「What-if」の代替案を比較検討します。こうすることで、オペレーションと経営目標を整合・調整することができます。
  • S&OP プロセスサポート:Infor S&OP は、販売・業務計画プロセスの統制を実現します。製品内蔵のタスク管理機能によって、プロセスの統制を強化し、適切な人がオンタイムにタスクを完了することを徹底します。また、活動や決定内容を文書化し、需要や供給に関わる全ての変更をシステムが追跡管理して、コンプライアンスのレポート要件に対応します。
  • 共通の情報リポジトリ: 需要、在庫、計画済み生産などの複数ソースからのデータをインポートして共通の情報システムとして活用し、予測から販売履歴、供給に至るまで、ビジネスをより深く分析するための基盤とします。
  • 数量・金額の同期: システムが金額予測と数量予測の同期を取り、共通のビューを使用することで、優れた意思決定を実現します。会計部門は財務数値だけを追い、他の部門は生産数量と出荷数量しか見ていないといった、よくある残念な事態に陥らないようにします。
  • コラボレーションネットワーク:設計、供給、オペレーション、マーケティング、財務、その他の関係する全ての機能分野を通して、販売予測と業務予測の同期を取り、合理化するための統一プラットフォームとなります。システムが自動収集、編集して一元管理する1つのデータセットを使用して、対話型で分析し、コラボレーションすることで、全員のコンセンサスを得る計画を策定することができます。
  • イベントアラート:計画のブレや他のイベントが発生した際には、適切な意思決定者に対して自動的にアラートを通知するプロアクティブなシステムで、効率的な調整を支援します。例外を分析して原因を特定し、適切な人に連絡することで、計画とプロセスの問題に対処します。また、ワークフローによって、全員がオンタイムにレビューし、承認することに促します。
  • KPI 評価:財務目標に対する進捗度を評価することで、パフォーマンスを継続的にレビュー、改善します。予測の合意が得られるまでの経過を追跡管理し、継続的に改善することができます。

Infor IBPは、生産の各工程に最適な生産計画、出荷計画を提案することで、在庫を削減し、生産リードタイムを短縮し、スループットをあげるとともに、需要や受注の変動に俊敏に対応できるようにするためのソリューションです。製品の多様化、ライフサイクルの短期化が進む中で、市場が必要とするものを、必要なときに、無駄なく迅速に投入することが競争力のカギとなります。インフォアのサプライチェーンプランニングソリューションは、需要予測、生産計画、生産スケジューリング、サプライチェーンネットワークの最適設計など、変化を先取りする対応力をつけるために貴社を支援します。

ERPシステムは企業の現在と過去に対処するシステムです。しかし企業の継続的な成功は、未来と取り組む力に左右されます。InforIBPは、他社にはない、きめ細かな機能を幅広く内蔵し、将来的な業務課題にも積極的な対応を図れるよう支援していきます。次のようなパワフルかつ包括的な機能を備え、どの組織においても確かな情報に基づいた意思決定が行えるようサポートします。

さらに詳しくはこちら

スケジュールやコスト、納期、輸送要件、顧客需要、どれを取ってみても変化が止まることは決してありません。非統合のシステムから取り出される情報は一貫性に欠け、複雑な意思決定をなおさら困難なものにしてしまいます。

Infor SCEは、倉庫管理システム「Infor WMS」に、労務管理、3PLビリング(請求処理)、輸送管理機能をひとつに組み合わせたサプライチェーン実行系アプリケーションです。在庫や倉庫スペース、倉庫で働く人員を最適化し、複雑なサプライチェーンにおけるビジネスプロセスを合理化します。倉庫管理に必要な主要機能を網羅し、汎用性が高く、グローバルロジスティクスへの対応やタスクマネジャー機能による人手作業の生産性強化に強みを持ちます。Infor SCEは海外で700社以上、国内でも80社以上の導入実績があります。

Supply Chain Executionは、輸送管理と倉庫管理を組み合わせた初のサプライチェーン実行ソリューションです。輸送業務と倉庫業務を分断する壁を乗り越え、物流業務を連携させようとする際に直面する複雑な意思決定の場面において、積極的な解決を求める企業を支援します。

倉庫業務と輸送業務が別々に管理されていると、サプライチェーン上に盲点ができ大きな損失を生むことにもなりかねません。Supply Chain Executionを導入すれば、価格対スピード、サービス対精度、顧客満足対高収益顧客といった多種多様で厄介なトレードオフにもスムーズに対応してくれる最強のソリューションを手に入れることができるので、こうした盲点のリスクも回避できます。

またSupply Chain Executionの最適化機能が計画立案の全プロセスを指導・手引きし、計画も計画修正も瞬時に行えるようにしてくれるので、慌てて特急料金を支払うといったこともなくなります。さらに急な人員要請など、日々生じる予想外の要求にも余裕をもって対応できる体制を整えることができます。

そして洗練された人員管理機能は、作業割当の最適化や従業員のパフォーマンス測定をサポートします。また完全統合型の割当機能を使えば、出荷業務を集約・整理することができるので、価格やサービスレベルを全体的に最適化できます。

Infor SCM Dispatchは、輸送トラックやトレーラーが常に正しい積み荷を積み、確実に正しい行き先へと向かっていく仕組みを確立します。輸送ルートの計画およびスケジューリングを担当する、この戦略的ソリューションは、フリート関連の計画立案や最適化をサポートし、貴社の業績を劇的に高めてくれます。顧客企業に対して物流サービス提供している企業であれば、完璧なコスト予測やキッティングのような付加価値サービスの追加にも対応でき、さらにサービスに対する課金業務の精度とスピードも高めることができます。

さらにSupply Chain Executionは、単一のデータベースを基礎に高度なレポーティング機能を幅広く提供していますので、貴社ビジネスの価値をアピールする手助けにもなります。あらゆる情報を集約した総合的なレポートを瞬時に入手することができるので、どの業務領域においても時間とお金の節約になります。またSupply Chain Executionは、業務全体にわたるスナップショット・レポートを即座に表示する機能をもっているので、従来になく速いスピードで、より賢明な意思決定が可能となります。

迅速かつ正確な納期という顧客要求を満たし、新たな付加価値サービスを提供するためには、ロジスティクスサービスプロバイダーは、自社のビジネス情報を効率的に分析し、すばやくアクションを取ることが必要です。

Infor Supply Chain Execution for Logistics Providersは、倉庫管理や労務管理、3PL請求管理、輸送管理など、ロジスティクスサービスプロバイダーが、より多くの情報に基づいて、管理を改善するために重要な機能を提供します。そうすれば、業務をより効率化し、俊敏に進めていくことができるようになります。

すべての重要なビジネスプロセスを統合、合理化することによって、ロジスティクスサービスプロバイダーは、次のような新規ビジネスチャンスを創造することができるようになります:

  • 製品をより効率的に管理、運送:在庫管理を自動化し、ロジスティクスプロセスと顧客やサプライヤが利用しているERPシステムやソリューション を統合することによって、出荷業務を統合し、整然と管理することができます。また、顧客の需要により迅速に対応することができます。より多くの顧客に対応し、需要の変化も迅速に対処することで、新しい付加価値のあるロジスティクスサービスを創造することができます。
  • 精度の高いレポートで顧客管理:内蔵のロジスティクスレポートやアラート機能を使えば、自社の経営幹部や顧客は、常に適正な情報を把握し、機会があればすぐに反応し、問題があればすぐに対処できるようになります。
  • 社員管理の改善:作業分担を最適化し、リアルタイムに作業をモニタリングし、すべての作業に対して正確に請求することができます。

お気軽にお問い合わせください。

お客様の課題についてお伺いし
インフォアのコンサルタントが
お客様に最適なソリューションをご提案します。