Infor Integrated Business Planning(サプライチェーン計画)

Infor IBP(統合ビジネスプランニング:サプライチェーン計画)

Integrated Business Planning は、需要計画・供給計画プロセス及び、収益見通しのレビュー、問題領域の特定と分析、what-ifシミュレーション、KPI可視化まで広くサポートする、 包括的な需給計画/ビジネスプランニングソリューションです。

生産の各工程に最適な生産計画、出荷計画を提案することで、在庫を削減し、生産リードタイムを短縮し、スループットをあげるとともに、需要や受注の変動に俊敏に対応できるようにするためのソリューションです。製品の多様化、ライフサイクルの短期化が進む中で、市場が必要とするものを、必要なときに、無駄なく迅速に投入することが競争力のカギとなります。インフォアのサプライチェーンプランニングソリューションは、需要予測、生産計画、生産スケジューリング、サプライチェーンネットワークの最適設計など、変化を先取りする対応力をつけるために貴社を支援します。

Infor Integrated Business Planning プレゼン資料

利点

_0007_2-innovation
専門性の高いツール

Infor IBP は、以下を支援します:

  • 収益性良い需給バランス調整:製品、顧客、地理、販売チャネル等あらゆるグルーピングで需要計画を確実に満たせるよう企業オペレーションを計画します。数量及び売上高とコストを計画し、ビジネスへの影響を確認します。
  • What-if シミュレーション:需要と供給の様々なプロファイルのシナリオを実行し、戦略的、オペレーション的、あるいは戦術的イベントの財務的影響を予測を見ながら代替案を比較します。 そうすることで、オペレーションをビジネス目標に合わせることができます。
  • S&OPプロセス支援:S&OP業務プロセスを定義し タスク管理でプロセス実施を促し、適任者が適時にタスクを実行できるようにします。 また、アクションや意思決定を文書化し、コンプライアンス報告のための需要や供給に対するすべての変更をトラッキングします。
  • 共通情報リポジトリ:需要、在庫、計画済生産など複数ソースからインポートされたデータを、共通の情報システムとして使用し、予測と販売履歴から供給に至るまで、ビジネスの深い分析の情報基盤として使用します。
  • 数量とお金の同期:金銭的な予測と数量の予測の同期をとり、より良い意思決定を可能にするシステムで、共通のビジネスの見通しを提供します。
  • コラボレーションネットワーク:単一プラットフォームを使い、すべての業務部門をまたがり販売やオペレーションの予測を同期させ、合理化します。1個所に在る単一データセットを使用してコラボレーションし、コンセンサス計画を推進する対話型分析を可能にします。
  • イベントアラート:適切な意思決定者がアラートを自動的に受信し、計画変更やイベントを計画したり、効率的に調整を行うことを支援します。また、例外を分析して原因を特定し、適切な人に伝えて計画やプロセスを改善することを支援します。
  • KPI 主要業績評価指標:財務目標への進捗状況を測定することで、継続的に業績をレビューし、改善することを支援します。 予測合意の過程で行われた前提をトラッキングすることで、継続的改善を支援します。
corp-PD_5
サプライチェーン計画に特化した機能

Infor IBP は、次のような幅広いサプライチェーンに特化した機能を提供します:

  • Infor Demand Planning—予測の精度を高めて知識を共有し、販売計画とオペレーション計画を改善する豊富な機能を提供します。食品、飲料、消費財、自動車、ハイテク電子機器、卸売販売、アフターサービスも手掛けるメーカーなど、様々な業種に対応しています。洗練された予測アルゴリズムを備えたDemand Forecastingモジュールをはじめ、Inventory Planner、Replenishment Planner、社内で行ったすべての予測結果を集約し同期化するCollaboration、計画の精密度や有効性をモニターしてくれるSales and Operations Reportingといったモジュールで構成されています。
  • Infor Advanced Planning—複数のサイトをまたがる計画や、利益の出る製品混合のバランス策定、品質保持期限を考慮した作り貯め戦略、需要や利用できる原材料の制約に合わせた最適な製品レシピや処方の選択など、ビジネスの変化に柔軟に適応できます。Infor Advanced Planning がトレードオフの計算など複雑な仕事を一手に引き受け、すべての制約条件を満たしながら同時に企業資産を最大限有効に活用することができる最適な製造計画を提案してくれます。
  • Infor Advanced Scheduling—容器やタンク、生産ラインの管理、それらをつなぐ製品フローを管理する上で起こる様々な実世界の課題を含めて、混合、調合、醸造、調理、化合、蒸留といった生産プロセスを持つメーカーに特異的な課題に対処できる高度な制約ベースのスケジューリングソリューションです。
  • パワフルな制約ベースのロジックに最適化の機能を組み合わせたInfor Advanced Schedulingは、全生産ライン上に存在するすべてのオペレーションを、相互依存性を考慮しながら一斉にスケジューリングしていきますので、分単位まで完全に同期化されたスケジュールを作ることができます。
  • Infor Network Design—最適なサプライチェーン・ネットワークを設計する機能と、その後のビジネスの変化に合わせてネットワークの調整を図る機能を併せもつInfor Network Designは、より有効な資産活用をはじめ、サプライチェーン・コストの削減、サイクルタイムの短縮、在庫レベルの低減、地球温暖化ガスの放出量削減、顧客サービスの強化を助けます。
  • Infor Supplier Exchange—高度なウェブベースのサプライヤー・リレーションシップ・マネジメント・ソリューションです。サプライヤーの所在や使用しているシステム、言語に関わらず、サプライヤーとのコラボレーションとサプライチェーン実行の効率化を促進し、有効性を高めていきます。
corp-PD_4
最新鋭のソリューション

サプライチェーンプランニング業界のエキスパートの設計を元に構築されたソリューションであるInfor ICPは、 サプライチェーンマネジメントのあらゆるレベルからに要件を導き出して統合された業界特化型のソリューションです。また、美しいユーザーインターフェイスとエンタープライズ規模のコラボレーションフレームワークを装備した最新鋭のソリューションに、プロセスフロー全体にパーベイシブなアナリティクスを予め組み込んています。

テクノロジー基盤

Infor OSは、完全統合された業界特化型ソリューションスイートの基盤となり、モバイル重視、消費者レベルのユーザーエクスペリエンス、科学的分析を搭載した次世代テクノロジープラットフォームです。情報の収束、アナリティクス、クラウドコンピューティング、モビリティ、ソーシャルビジネスを活用することで、かつてないほどの快適さでシステムやユーザー同士でやり取りすることができます。

詳しくはこちら ›

お客様とともに成長するソフトウェア

Infor Advanced Planningは、極めて柔軟性の高い、最適化供給計画ソリューション です。Infor Advanced Plannerは、最適化のための制約ベースの計画システムです。生産能力とコストを考慮してすべての可能な組み合わせから、最も低コストを実現するサプライチェーン計画および生産計画を提示します。生産計画およびサプライチェーン計画を改善する代替策を提案し、御社の業績と収益性向上に貢献します。生産性の向上、原料資材コストの削減、最終品在庫の削減を実現します。

自由に構成できるAdvanced Plannerにより、生産やサプライチェーンに関する貴社に固有の企業課題に柔軟に対応できます。この製品には以下のような主な機能が組み込まれています。

  • サプライチェーン全体の一気通貫計画(マルチサイトプランニング)
  • 様々な制約を一度に考慮して計画する (制約ベースのプランニング)
  • 同時にコスト・収益・経営指標を考慮しコスト最小化/収益最大化する(高度な最適化計画エンジン搭載、専門知識なしで使いこなせる)
  • 計画の結果を得るだけでなく、対話型で様々な指標を分析、シミュレーションができる(対話性に優れ、使い易いユーザーインターフェース
  • 自社のビジネス課題解決に沿ったプランニングモデリングが可能
  • あらゆるERPや他システムと統合して運用
  • Infor Advanced Schedulingは、飲料やスペシャリティケミカルなど、 流体の生産工程に特化したスケジューリングツールです。

    • バルク製造~タンク~パッケージング といった工程特有の問題を解決します。
    • 「日・時間別・ライン別生産スケジューリング」を支援します。
    • 詳細な制約を考慮し、実現可能なスケジュールを立てます。
    • 段取替時間など非生産時間が最小となる、最適なスケジュールを立てます。

    考慮する制約

  • 製造ラインや製造設備(調合釜など)、主要生産設備のキャパシティや使用可能状況
  • 作業要員のマンパワーや、電力エネルギーや水といったユーティリティのキャパシティ
  • タンクなど貯蔵設備のキャパシティ(容量や重量)や使用可能状況とタンクスケジューリング
  • CIPなど、副次的な設備の使用可能状況とスケジューリング
  • 設備と設備のパイプラインの接続性の考慮
  • 稼働日カレンダー、設備メンテナンスのために使用できない時間を考慮
  • 貯蔵寿命、あるいは発酵や熟成時間や品質検査のための最小停止時間を考慮
  • バッチサイズの考慮、バッチサイズに応じたレシピ
  • フロー型プロセスとバッチ型プロセスの両方に対応
  • Infor Demand Planning は、全社の顧客需要を正確に予測、形成し、グローバルに唯一真実のビューを提供します。製造業や流通業のお客様は、次の点を考慮したトータルな需要計画を立てることができます:

    • 多次元・多階層データ分析/ドリルダウン
    • 統計予測エンジンでベース予測生成
    • 人の意思入れ入力
    • シナリオ作成と仮説シミュレーション
    • 関連するグラフやシートが1画面で相互連動、使いやすいワークベンチ画面
    • 収益性や予算達成度も管理

    Infor Demand Planningには、サプライチェーンマネジメントの分野で30年以上にわたって培われてきた経験が凝縮されており、製品の実績と豊富な機能を保証するとともに、サプライチェーンに精通した専門家たちが、ベストプラクティスへのガイダンスを提供し、貴社のグローバルなサプライチェーンを支援いたします。

    Infor Supplier Exchangeは、高度なサプライヤ関係管理(SRM)をウェブ上で実現し、あらゆる場所で、異なるシステムや言語を使うサプライヤとの間で、より効果的かつ効率的にコラボレーションし、サプライチェーン業務を実行します。

    Infor Supplier Exchangeは、世界中のサプライヤとのオンラインコラボレーションを整流化し、加速します。また、Infor10 ION 独自のイベント&ワークフロー管理と、スマートかつ効率的な新しいユーザーインタフェイスを使って、サプライチェーン全体の生産性とパフォーマンスを改善することが可能です。Supplier Exchangeは、以下の機能を提供します:

    • 在庫の追跡管理と可視化(移動中も含む)
    • カンバン方式、サプライヤ主導の在庫管理を含む複数の補充方式を使って、個々の品目をそれぞれの使用方法に応じて管理
    • 個別購買オーダーのコラボレーション
    • 例外管理
    • 自動サプライヤスケジューリング
    • 自動サプライヤパフォーマンス評価
    • マシン間の電子データ交換(EDI)、その他のウェブベース通信システム、自動FAX機能を完全統合
    • 自動車サプライヤとの通信・品質要件に準拠するための機能
    • 発注品目についてウェブベースで交渉

    何を作るか、顧客に何を売るかといったことだけが、ビジネスの基本ではありませんし、それだけを気にしていれば良いというわけにはいきません。長期にわたって最大限の成功を手にしたいと願うなら、生産・流通・輸送に関わる設備資産のロケーションや処理能力を最適化する必要があります。また、現在の要件に照らして、どんな時にサプライチェーンの同期が崩れてしまうのかを、手遅れになる前に知っておくべきです。

    Infor Network Designはサプライチェーン戦略の長期的な管理を可能にすると同時に、次のような課題の解決をサポートします。

    • 最適な施設ロケーションや最適な必要生産能力を見極める
    • サプライチェーン・ネットワーク全体を通じて、いつ、どこで、製品を生産・調達・保管・移動させて顧客へ届けるかを判断
    • さまざまな輸送戦略や在庫戦略を評価
    • 最善の仕入れ先を選択
    • CO2排出量を削減